費用

費用

特許・実用新案・商標・意匠の各出願には、基本的に以下の費用がかかります。

特許・実用新案

 特許権・実用新案権を取得するための費用は、大きく分けて、出願時、審査請求時、中間処理時、登録時の4つの時期に発生します。途中でやめれば、それ以降の費用は発生しません。
 
 ■出願時: 明細書のページ数、請求項の数、図面の枚数などにより変わりますが、約28万円~、実用新案22万円~(いずれも特許庁に支払う印紙代、消費税を含みます)となります。

 ■審査請求時(特許のみ):請求項の数により変わりますが、約13万円~(特許庁に支払う印紙代、消費税を含みます)となります。

 ■中間処理時:約12万円~(消費税を含みます)となります。

 ■登録時:請求項の数により変わりますが、約10万円~(特許庁に支払う権利期間3年分の印紙代、消費税を含みます)となります。権利期間が4年目~20年目の支払いについては、1年ごとに支払ってもよいし、まとめて支払うこともできます。1年ごとに支払う場合には、一種の分割払いになるので、その都度費用が発生します。権利を維持する必要がなくなった場合、それ以降の登録年金を支払わないで済みます。勿論、はじめから20年分を支払うこともできます。

意匠

 意匠権を取得するための費用は、大きく分けて、出願時、中間処理時、登録時の3つの時期に発生します。途中でやめれば、それ以降の費用は発生しません。

 ■出願時:図面の枚数により変わりますが、約10万円~(特許庁に支払う印紙代、消費税を含みます)となります。

 ■中間処理時:約7万円~(消費税を含みます)となります。

 ■登録時:約9万円~(特許庁に支払う権利期間3年分の印紙代、消費税を含みます)となります。

商標

料金表

特許、実用新案、意匠、商標、国際出願、及び、外国出願

料金表
料金表
料金表